Top

求職者が会社を知り、選ぶきっかけを提供する採用サイトの価値

Recruiting in the Dgital / ダイレクトリクルーティング  / 求職者が会社を知り、選ぶきっかけを提供する採用サイトの価値

求職者が会社を知り、選ぶきっかけを提供する採用サイトの価値

従来の広告媒体に頼りきっていては大企業と競合するために採用が難しいということは今までにも何度か触れてきましたが、そんな大企業と肩を並べて採用活動を行う上で重要なことについて考えてみたいと思います。

会社のことを求職者に知ってもらうための仕組み

会社のことを求職者に知ってもらうためには、まずはやはり採用サイトを所持していることがマストになります。従来の求人広告媒体に依存するだけの状態ではダメで、採用サイトを持つことによってIndeedやGoogleしごと検索などを活用したダイレクトリクルーティングを実現できる採用のワークフローの仕組みを構築することがまず最初に重要な要素になります。

ダイレクトりクルーティングの環境が整うと求職者の質と量の両社が改善する

従来の求人広告だけに頼るのではなく、ダイレクトリクルーティングが実現できる環境が整うと求職者の応募数が増えたり、求職者の質が一般的には向上すると言われています。魅力を伝えるために相応の努力をしているわけなので、その結果として、当然ながらより多くの求職者に刺さる内容の採用サイトになることは間違いないでしょう。

この状態になった上で求人広告を活用すると相乗効果が狙えるということは容易に想像できますよね。基本姿勢として質的にも優れていて量的にも多くの求職者を獲得していくためには欠かせない求人媒体が採用サイトというわけです。

求職者に会社を選んでもらうための仕組み

真剣に検討している求職者ほど採用サイトを見る

また、求職者の流れの面では上記に書いたメリットが最も大きいのですが、真剣に仕事を検討している求職者ほど確実に会社の採用サイトやコーポレートサイト(企業サイト)をしっかりと読み込んで企業研究をする傾向にもあります。なので、採用サイトを持たずに求職者市場で求職者を獲得するということがどれだけ難しいことかということは、なんとなく想像できるところだと思います。

大企業は確実に採用サイトを武器に戦っている

現状においては、大企業ほど採用サイトを活用して採用活動を実践している印象が強くなってきていますが、そんな大企業と肩を並べて採用市場で戦うためには、採用サイトを持っていた方が求職者への吸引力としての基本的な能力が高まることは間違いがありません。フルスペックの大規模な採用サイトでは必要ないにせよ、企業の魅力を伝えるための最低限の採用サイトを構築することも一つの手法として有効です。もちろん社員インタビュー動画やイメージ動画などを用いた高品質で臨場感あふれるサイトに越したことはありませんが、予算と相談ですね。

会社の今を伝え、口コミサイトの悪評と戦う方法

世の中には転職会議やキャリコネといった採用面における企業の評価サイトがいくつかあり、私自身も転職を試みたときに非常に参考にした経験があります。これらのサイトには企業の良いところも書いてはいますが、もちろん悪いことも包み隠さずに書かれているものです。たとえその悪評が5年前の会社の姿を反映するものであったとして、今現在においては状況が改善しているということがあったとしても転職活動を行っている求職者からしてみれば、その5年前の姿が今現在の姿であるかの如く錯覚する可能性は非常に高いでしょう。

上記の意味合いからすれば評価サイトの悪評に対応した会社の今の姿を包み隠さず発信することの意味がより理解できるかと思います。要するに、会社の今を正確に伝えるための努力が出来なければ虚構の会社評価が飛び交って会社の良さを伝えることが十分にできないと考えることができます。

まとめ

採用サイトを持つことのメリットは様々ですが、企業理念などの想いをいかにして伝えるかという視点に立てば、確実に役に立つのが採用サイトです。これら採用サイト無しに戦うのは非常に難しい時代に突入していますので従来の求人媒体に採用活動が依存している状態から脱却し、コスト削減を図れる状態に持っていくことを考えて、ぜひともダイレクトりクルーティングの第一歩を踏み出していただければと思います。

企業の今を伝えることは想像以上に難しく、今を伝えないことは過去を伝え続けることと相違ありません。良いことも悪いことも含めて、会社の今をリアルタイムに伝えていくための活動を行って、求職者と相思相愛に関係を築くことが非常に重要です。他人から友達になって恋人に発展していくその過程と非常ににているのですが、そのプロセスをいかにして埋めていくかは企業の採用担当者の腕の見せ所です。旧来の手法にとらわれずに時代に合った手法を取捨選択しながら最適な採用活動が実現できれば幸いです。

関連書籍&サービス

関連書籍

中小企業の新しい人材採用戦略「売り手市場」時代の人材獲得競争を生き残る!

https://amzn.to/2JghPde

関連サービス

人材採用支援
Share

三重県生まれで三重県育ちのデジタル領域に関するグロースハッカー(エンジニア×アナリスト)として、見込顧客獲得や人材採用の支援、業務効率化など、事業活動の「レベルアップ」をサポートしています。 一方、テノールとして三重県内での演奏も。四日市市日永で「やまぐち音楽教室」を妻(子供向けのピアノ・エレクトーンを担当)と運営中。三重オペラ協会演奏会員。「みえ混声合唱団あんだぁれ70」ボイストレーニング・演奏指導など。歌うことが好きです。